10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013秋 香港旅行記その5 ~西貢で海鮮・・・。

2013/11/02
◆9月12日(木)◆その2
ビーチの後は、海鮮食べに西貢へGo
(とは言え、ねも達は海鮮得意じゃないんですけどね…)
行きに乗ってきた91番バスを、途中の彩虹駅で下車。
降りたところにバス停がたくさんあったので、西貢行きバスもあるだろうと簡単に考えて探し回りました。
ないじゃん。
汗水たらして団地の方まで行ったんだけど、見当たらない。もっと言うと、西貢行きのバスを見かけない。
IMAG0537.jpg
あんじゃん。
一旦地下鉄駅に戻って、出口の案内表示を確認して、正しい出口から出たらすぐでした
……だから、最初からそうすれば……。

彩虹駅から西貢までは30分強かかりました。
やはり新界を移動するのには時間がかかるなあ。
IMAG0538.jpg
適当にバスを降りて、街中をぷらぷら。
なんかちょっとお洒落な街なのね。
IMAG0539.jpg
この景色は香港ぽいけど。

IMAG0545.jpg
海辺の町特有の開放感というやつかしら。
IMAG0546.jpg
素敵カフェがちらほらあります。
海鮮料理屋だけじゃないんだなあ。

IMAG0551.jpg
目的のお店はこちらだったのですが、この日は貸切だって(涙)

お食事前に、少々一休み。
IMAG0547.jpg
Pan da Cafe
IMAG0549.jpg
グリーン多め、キッチュな雑貨を並べたお店。
裏原あたりにありそうな雰囲気です。
IMAG0548.jpg
こういうお店、セントラルだけじゃないんですねー。
IMAG0550.jpg
ミルクシェイク35ドル。懐かしい味。
香港には珍しい気もするんですが、紅茶系のドリンクが充実してました。

IMAG0540.jpg
海鮮仕切り直しで行ったのがこちら。
IMAG0552.jpg
全記海鮮酒家。
このあたりで一番大きいお店ではないですかね。
○球の歩き方にも載ってます。
写真撮れなかったけど、とにかく生け簀がすごかった。
本当に水族館みたいにいろーんな魚や貝がいます。
店のおばちゃんには、「二人世界」(二名様用コース)を強くすすめられたけど、シャコが食べたかったのでアラカルトにしてみた。

調理法を選ぶと、まずは生け簀からシャコを選んで来いと言われるんだけど、どれがいいかなんて分からないし、ていうか、ごごごめんなさい!ねも、シャコの見た目、全然ダメっすーーー
shako.jpg
比較的怖くない写真お借りしました。
やっぱこえーよ、この形状。

いやー、すんません。
ねも、シャコがグロテスクに思えてならず、食べたことなかったんですよね。
シャコさんを背中から見る分にはまだいいんだけど、あの足が・・・たくさんの足が色んな方向にウニウニ動いて・・・うおおおおぉぉぉぉっっっマトリックスのセンティネル(だっけ?)に似てない??似てない???
実際、生け簀にどひゃーーーっとめ込まれた実物がウニウニ動いてるの見て、完全ビビリました。
ややや、やっぱり止めた方がよかった?ねえ、やめる??どんなものでも、たくさん集まると怖いよーーーー!
そんな繊細なねものハートなどお構い無しに、おばちゃん(お姉ちゃん?)はシャコを掴み、これで良いかと(一応)尋ね、返答も待たずに黒いビニール袋に詰めて(ああああ、激しく暴れてるし)、うちらの席の番号札をくくりつけて調理場へと放り投げました。

・・・ああ、怖かった。
来てはいけないところに来てしまった・・・のかもしれない。

ややあって、そいつはやって来ました。
IMAG0553.jpg
うぎゃー。揚げてもシャコはシャコなんだね!(じゃあ食うな)
基本の素揚げ+スパイス(塩、胡椒、山椒)にしてみた。
詳しく見ないようにして、ハサミでバチバチ切って食べたよ。

・・・・・・・・・あれ?


普通のちっさいエビのがうまくね?


殻にくっついてる調味料はうまいのだが、肝心の身が、なんというか、イマイチ。
パサパサだし、味があんまりしない。その上ちょっとニオイが気になる。
うーーーん、シャコってこんなもんなのかーー?
料理法のせい?お店のせい?ねも達の舌のせい???

IMAG0555.jpg
油菜。
これは中の下という感じ。
海鮮のお店だからあんまし期待してなかったけど、裏切らないね。
葉っぱが成長し過ぎなのか、アク満載で口の中が渋くなったよ。

シャコと一緒にクラム(あさり)の蒸し物と白飯を頼んだんだけど、いつまで待っても出てこない。
面白いウツボの水槽を観察しつつ、辛抱強く待ったけど、全然出てこない。
そうこうしてるうちに、どんどんお客が入ってきて、我々より後にオーダーしたものも出てる。

もー、いいや。
これじゃ、他の料理にも期待が持てないよ。

お会計を頼むと、クラムは消されてたけど、白飯が計算されてた
もちろん、計算し直し。
それでもシャコ2匹と油菜で459ドル。マジか!

もーーーー絶対来ないぞ!
(ていうか、我々には最初からムリだったんだよ、海鮮・・・美味しさに開眼するかと思ったんだけどなあ・・・)

傷心の二人は、中途半端なお腹を抱えてミニバスに乗るのでした・・・。
スポンサーサイト
22:08 2013秋 香港***ネイザンホテル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。