10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013冬 マウイ島の旅13~天国のようなハナ

2014/01/27
◆12月28日◆その3
雨の中、ドライブは続きます。
P1000340.jpg
ハナ・コーストには滝がたくさんあり、ハイウェイからも見られます。
中間点から6マイル程行ったところには、プアア・カア州立公園があり、ここでは滝つぼで泳ぐこともできるんだとか。雨の中滝つぼから上がってくる水着姿のアメリカンピーポーを見ました。
軟弱なジャパニーズピーポーには絶対無理。
こんなに水がキレイだもん、絶対絶対水冷たいって!

プアア・カアを過ぎ、しばらく走っていくと徐々に道が広がってきました。
すると、HANAと書かれた看板がちらほら見え始めました。
と、同時に、晴れてきました!
やっぱし、ねも家は晴れ属性だ!

ハナ空港を通り過ぎると、標高も下がり、道はさらにゆったりとしてきます。
日差しも強くなってきた。
そこからはもうあっという間。
ハナの町に入ると、すぐにハナベイへの標識が現れます。

着いたーーーー!
IMAG1021.jpg
ハナ晴れてるしーーーー!!

途中、猫休憩、アイス休憩、滝休憩を含めて、所要4時間。
ずいぶんかかっちゃいました。

IMAG1035.jpg

P1000347.jpg

P1000357.jpg

なんて気持ちいいんだろう。
これが天国のハナ。
なんにもないんだなあ。

気が抜けたのか、あんまりいい写真が撮れてなくて残念。あの空気感をお伝えしたかった…。
ハナはとても小さくて可愛らしい町ですが、取り立てて特徴のあるものはありません。
ハナから先に進めば、白砂のハモア・ビーチや聖なる池オヘオ・プールなどがあります。
でも、ここには小さい町があるだけです。
溶岩からできた黒い砂のビーチがあり、海岸線を縁取る緑があり、気持ちのいい風が吹いています。
そうなんです。
風がどこよりも気持ちいいんです。
海風よりも少しやわらかい匂いがします。たぶん、ハナの豊かな緑が空気をやわらかくするのでしょう。
長いドライブを経て、ようやく辿り着いた場所に吹く風がこんなに甘いから、天国みたいに思えるんですね。

お昼ごはんは、ハナベイに1軒だけあるプレートランチ屋さん、TUTU'Sで調達。
小さなハナベイですから、探すまでもありません。
TUTU'S
IMAG1026.jpg
カウンターの反対側にはイートインスペースも少しあります。
でも、ビーチのベンチで食べるほうが気分ですよねえ。
メニューはこんな感じ。
IMAG1025.jpg
キヘイより安い!

P1000351.jpg
TUTU'Sが入っている建物には町の集会所みたいなホールがありました。
おトイレも広いです。ビーチ帰りのお客さんが着替えてたりしてます。
IMAG1027.jpg
だって、道路を渡ればそこがビーチだからね。

ビーチ沿いのあずま屋では、ツアーで来たお客さんたちがランチしてました。
真っ赤なテーブルクロスをひいて、フルーツやお花を飾って、パーティーみたい。
レイか何かを作るレッスンもしていたみたいで、とても楽しそうでした。

ささ、私たちもランチを。
IMAG1031.jpg

むかーし、豊島園で買ったレジャーシートを敷いてみたら、結構いい感じになりましたよ。

IMAG1032.jpg

いただきまーす!
Ottoのロコモコ。
IMAG1034.jpg

ねものローストポーク。
IMAG1033.jpg

すごい量だよ!no野菜だね!

味は普通。
あんまり濃くないので、ねも達にはおいしかったです。
まあでも、ハナベイを眺めながら、ハナの風に吹かれながらのランチです。美味しくないわけがないです。

食後はハナの海にin!
マウイの海は冷たいけど、ここはそうでもなかったです。
でも、風があるので海から出ると寒い。
砂が黒いので、あんまり青い海ー!という感じには写らないんですが、水はとてもキレイ。
おじいちゃんとお孫さんが、シュノーケルをつけて何かを一生懸命見てました。
何かいたのかなあ。

P1000359.jpg

波がそれなりにあるので、ボディボードを楽しんでる家族もいました。
地元の人もピクニックに来ているみたいで、のんびりしたビーチです。
こちらものんびりしたいところですが、帰りの時間も気になります。
うーん、ハナに泊まりたかったな。
2泊ぐらいして、ほかの見所も回って、ビーチを楽しんで、町もゆっくり散策して、静かな夜を過ごしてみたかったな。

キヘイに帰らねばならないねも達は、日向のシャワーを選んで(笑)、先程のおトイレで着替え、町唯一のジェネラルストア、ハセガワ・ジェネラルストアへ向かいました。

こちらが噂の1910年創業のハセガワ・ジェネラルストア。
IMAG1037.jpg

古いお店の中には、生活に必要なものがたっくさん詰まってます。
食料品や生活雑貨、水道周りの部品とか、電気のプラグとかもありました。
せっかくなので、普段は滅多に買わないマグネットと、エコバッグを記念に購入。
マグネットは冷蔵庫にはって、水仕事するたびに眺めています。


ハナへの道は、まさにこの絵のとおりなんです。
地形に逆らわずに道が作られているので、ぐねぐね曲がっているのです。

ハセガワ・ジェネラルストアの向かいには、ハナ・ランチ・レストランがあります(ランチは牧場の方のランチ。)
思っていたよりキレイ。ランチビュッフェや本格的なアラカルトメニュー、軽食もあるそうですが、高そうです…。
また、ハナには世界的にも有名な高級ホテルがあります。かつてのホテル・ハナ・マウイです。
ねもにとっても、ホテル・ハナ・マウイは憧れのホテルでした。悪路で行くに行けない場所にある素敵なホテルでしたからね。ハワイ島のホテルコナ・ビレッジ・リゾート(津波被害で現在閉鎖中)と並んで、手が届かない憧れのホテルの中でも、最も行ってみたいホテルのひとつでした。
今は経営が変わってトラバーサ・ハナという名前に変わっています。トラバーサに変わって、ちょっとレベルダウンしたとかいう噂もありますが・・・どうなんでしょう。
ガーデンスイート1泊400ドルから。いずれにしても、高級すぎて泊まれません…。

ハナからの帰り道は、快晴
P1000364.jpg
行きとはまったく気分が変わります。

こんな道や、
P1000370.jpg
ワンレーンブリッジの看板が見えても、
P1000372.jpg
ワンレーンロードにきても、
P1000379.jpg
全然ヨユー

お天気だから、こんな橋から、
P1000387.jpg
滝つぼ撮影しちゃったりできます。
P1000389.jpg

こんな場所にちょこっと車を停めて、
P1000404.jpg
(ここはヤブ蚊がすごかった!雨があがったら蚊に注意!!)

こんな景色を堪能しました。
P1000395.jpg

ハナ・コースト。こんな海岸線が延々と続いています。マグネットの絵のとおりでしょ?
見る分には非常に美しいです
P1000397_20140126224427213.jpg
こちらはハナ方面。
P1000398.jpg
海に虹。
P1000401.jpg

いやもう、絶景の至れり尽くせり。
ハナへの小旅行は、道中から素晴らしいです
行きは雨で必死だったけど、帰りは晴れでOttoの運転で、ねもは助手席から改めて景色を堪能しました。

P1000407.jpg
帰りは結構車が連なっていました。
出発する時間はみんなまちまちだけど、帰りは日が落ちる前に町に戻りたいから同じ時間になるんだね。
P1000410.jpg
この景色はハワイ島に似てる。

この日の午後から夕方にかけて、本当にいいお天気になり、ハレアカラ方面も、イアオ渓谷方面もばっちり晴れ。山々がくっきり見えました。
午後まで山にいた人たちは、絶景を楽しんだことでしょう。
ハレアカラ。天文台まで見えたよ。
P1000416.jpg

いつも雲の中のプウ・ククイ山、イアオ渓谷方面も、シルエットくっきり。
P1000417.jpg

気分も上々!
というところなんですが、東へ旅した我々が帰るわけですから、帰りは西向きになりますね。
夕方に西向きで走るとこうなります。
P1000414.jpg
うぎゃー、また前が見えない!
真正面に夕日が輝いていて、眩しいのなんのって。
サングラスは必携。ホント、事故りますから!危ないよ!!

カフルイに戻ってきたら、頭上に飛行機。
P1000418.jpg
どこへ行くのかな。

サウスキヘイロードに戻ってきたところで、ちょうどサンセットでした。
P1000421.jpg
車を停めて、ビーチに下りてサンセットを堪能しました。
そういう人は沢山いて、みんな思い思いに砂の上に座って、静かに夕日を見ていました。
雲がちょうどいい具合に散らばっていて、本当に美しい夕日でした。

朝早くからのロングドライブで結構疲れてたと思うんですが、コンドミニアムに戻っても意外と元気だったので、ステーキ焼いて食しました。
IMAG1041.jpg
盛り付けが荒々しいですな(苦笑)
ステーキとマウイオニオンのソテー、アボカドとフリルレタスのサラダ、とパスタ。パスタは、ねもの好きなフジッリがなかったのでファルファッレ。
ステーキは、ミディアムレアを目指したのですが、少々お肉が薄かったためミディアムとウェルダンの中間ぐらいになってしまった。
でも牧草だけで育ったアンガス・ビーフ、美味しゅうございました。牛くん、ありがとう
スポンサーサイト
23:49 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。