10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013冬 マウイ島の旅7~ハレアカラと銀剣草とKula Lodge

2014/01/13
◆12月26日◆その2

ハレアカラでサンライズの続き。

しばし車のなかで暖を取ったあと、山頂へ向かいます。

こちらはハレアカラ天文台。
空軍などがなにやら研究しているそうです。もちろん、内部見学は不可。

P1000219.jpg
山頂ビルディングSummit Buildingに到着。

本当の山頂は、ビルディングではなく、プウ・ウラウラ・サミットPu Ulaula Summit 3,055メートルです。
P1000218.jpg
ちょうど看板の陰になっているのが、さっきまでいたホワイトヒルと駐車場です。

ビルディングの中。
IMAG0934_20140113002056126.jpg
建物って素晴らしい。
この外は身をかがめて歩かねばならないほどの強風が吹き荒れています。

ビルディングから降りてくると、駐車場をぐるりと回るように岩山の上を歩けるトレッキングコースがあります。
P1000221.jpg
歩いているのはOtto。寒そう(笑)

駐車場の中央には、珍しい銀剣草のミニ広場があります。
P1000227.jpg
銀剣草Silberswordとは、キク科の高山植物で、銀色の葉が剣のように見えることからその名がついたそうです。
なんと、ハワイとヒマラヤでしか見られない貴重な植物なんだそうです。
マウイではハレアカラ山頂付近、ハワイ島ではマウナケア山頂(標高約4,000m)付近の高山でしか見られません。
P1000226.jpg
成長すると茎の高さは2mにもなるんですって。写真の左奥のが成長中なのかな。
花をつけるときには、中央右のように変態します。
なんと、花が咲くまでには数十年かかるというのに、一度花を咲かせて種を残すと枯れてしまうのです。
それが、写真右手前のもの。まさに跡形もなく散りさってしまうのです。
なんとも切ない・・・。

P1000228.jpg
近くにあった説明看板。花はこんな風に咲くのだそうです。
珍しい植物って、一夜限りとか、一花限りとか、そういう切ない運命のものが多い気がします。ああ、切ない。

ちなみに、この銀剣草も一時絶滅しかけました。今もレンジャーさんたちが一生懸命保護をして増やしています。
ハレアカラではあちこちで見られるようですが、本当に貴重なんです。
手を触れてはいけません。法律で罰せられます。


山頂駐車場は絶景です。
IMAG0935.jpg
走り去っていく車の向こうは雲海。
まるで天空に浮かんでるようです。

さて、往路では左折できないため寄れないカラハク展望台へ向かいます。
P1000238.jpg
昼間に来たのであれば、ちょっと先でUターンしてくるという手もあります。
歩いてる鳥2羽。雷鳥みたいな丸っこい鳥です。何やらグブグブ啼きながら歩いてました。カワイイ。
P1000240.jpg
駐車場から少し歩くと、
P1000230.jpg
おお!
P1000231_2014011300474641f.jpg
「2001年宇宙の旅」なランドスケープが!
火口を目の前で眺めることができるのが、このカラハク展望台です。必ずよるべしです。

P1000234.jpg
写真右奥、雲海の上に見えるうっすら黒い影が、ハワイ島のマウナ・ケア山(4205m)、その右横に見切れてるのがマウナ・ロア山(4169m)だと思われます。
4千メートル級の山だから雲海の上に頭を出しているのですけれども、それが太平洋の上にぽっかり浮かんでる島の上に乗ってるとは、なかなか想像できないものがあります・・・。

IMAG0939.jpg
カラハク展望台は、それこそこんな展望台しかありませんので、風も強いことですし、あまり長居できる感じではありません。

余力があれば、この、この世と思えない景色の中で少しトレッキングしようと思っていたのですが、とてもそんな力などどこにもなく、眠くて眠くてしかたないので、山を降りることにしました。
今度は昼間に来て、お散歩しようっと。

P1000247.jpg
眠い目をこすりながら、絶景ロードをくだっていきます。
P1000253.jpg

下って下って、377号線に到達してしばらく行くと、ようやくクラ・ロッジKula Lodgeに到着。
長かった~。
IMAG0946.jpg
マウイオニオンの生産で有名な農村、クラにあるクラ・ロッジ。ハレアカラ山麓の斜面の高原で、ものすごく気持ちのいいところです。ここまで降りてくると、日差しが暑い!夏が戻ってきたよ!
クラ・ロッジは築50年の個人のお宅を改装した山小屋風のお宿とレストランです。
宿のほうはたったの5室だそうです。こんなとこに泊まれたらいいなあ。朝の散歩が気持ちよさそう。

IMAG0940.jpg
満席だったので、暖かい暖炉の前でウェイテイング。いやもう、ここでお茶でもいただければ寝れます

IMAG0943.jpg
斜面を見下ろす大きなガラス窓のそばの席に案内してもらえました。
すーっごく気持ちのいい景色だったのに、写真なし・・・眠かったからね。

IMAG0941.jpg
景色を撮らずに、ミンク・プロテアを激写しておりました。
花びらの先っぽが、まるで毛皮のようにふわふわしています。非常に触り心地がよろしいのです。
プロテアはマウイの重要な農産物のひとつです。クラ・ロッジの横にはプロテア・オブ・ハワイというギフトショップがあります。

IMAG0944.jpg
クラ産のパパイヤ&イチゴ。甘くて甘くて、かすかな酸味とコクのあるしっかりとした肉質が激うま!何個でも食べれちゃう!
体育会系なエネルギッシュかつオイリッシュ、プロテニッシュなコンボメニューが山盛りありましたが、そんなもの食べたら撃沈するに決まってます。とは言え、朝ごはんからすでに6時間が経過してます。
IMAG0945.jpg
ちょっとは食べないとね、と言いつつオーダーしたたっぷりパンケーキ。どっさりマックナッツがけ。
Ottoは、オムレツとクラ産の野菜、トーストのセットでした。
味は意外と良かったです。
ねものパンケーキはふわふわで美味しかったですし、Ottoのオムレツも美味しかったらしい。
こちらは外の石窯で焼くピザが有名だそうですので、これまた次回のお楽しみです。

食後は、こちらのクラ・マーケットプレイスでお買い物。
P1000255.jpg
クラ産の農産物をはじめ、マウイ産のお土産がたくさん並んでいます。

めっさ美味しいロースト・ココナッツキャンディをゲット!

ココナッツの実に、甘さ控えめなマウイ産のシュガーケーンがまぶされてます。
ココナッツクッキーとかココナッツケーキとかのしゃりしゃりした繊維っぽい食感が好きな方は絶対ハマります。
止まらない味なんだな~。

・・・と、ここでギブアップ。
眠くて眠くて完全ノックアウト。ハンドルなんて握れない。
P1000254.jpg
ということでねも家、クラ・ロッジの駐車場で、涼しい木陰に車を移動して、仮眠を取らせていただきましたー。

窓をちょびっと開けて、高原の風を気持ちよく感じながら・・・蚊に刺されて起きました
くそー、ひとの安眠をーーーー!!!!!

小一時間ほどで蚊にたたき起こされたねも家、でもそれなりにリフレッシュできたので、次の目的地へドライブ再開です。
スポンサーサイト
23:42 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。