09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ブログお引越しのお知らせ

2014/02/09

都心は45年ぶりの大雪だったそうで。
昨日の昼間はまさに吹雪でしたね。ねも家は一歩も外に出ませんでした。

今日は打って変わって、日差しが暖かい~。

ぽかぽかです

ところで、お知らせです。

ブログをお引越しします。

新しいブログURLはこちら
http://gowhere002.exblog.jp/

タイトルは「次、どこ行く?」のまま、内容も今までどおり旅を中心に綴っていきます。
文章も写真ももう少しレベルアップできるように頑張ります

今までこのブログを見てくださっていた皆さま、お付き合いありがとうございました

新しいブログでお待ちしております。
では、また!

スポンサーサイト
15:27 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013冬 マウイ島旅行記まとめ

2014/02/02
ようやく終えたマウイ島旅行記。
ブログだとまとめて見られないので、時系列のインデックスをつくりました。
番号をクリックしていただくと、各記事に飛びます(新しいウィンドウが開きます。)

◆◆◆

Maui Kamaole(コンドミニアム)ご紹介 1
12月23日 マウイ島へ 2
12月24日 ラハイナ、Feast at LELE 3 4
12月25日 モロキニ島 5
12月26日 ハレアカラ、クラロッジ、パイア 6 7 8
12月27日 マルアカ・ビーチ、キヘイ 9 10
12月28日 ハナ 11 12 13
12月29日 カマオレ・ビーチ・パークⅢ 14
12月30日 イアオ渓谷、帰国 15 16


17:08 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013冬 マウイ島の旅16~アパパネの翼に乗って

2014/02/02
◆12月30日◆その2

Sam Sato'sでお腹いっぱいになった後は、カフルイに戻って、マウイ・モールでひと休み。
IMAG1088.jpg

ホールフーズでコーヒーをいただきました。
IMAG1090.jpg
今回は、旅の始まりも、〆もホールフーズになりました(笑)
コーヒーは、レジ前に置いてあるポットから自分で注ぐ方式。
ゆっくりとカウンターで食休みしました。
外のラタン風ソファ席では、お仕事中の奥さまと待ち合わせして、一緒にランチを取っているご夫婦がいました。
職住近接なんでしょうか。
いいなあ、憧れるなあ。

ゆっくりコーヒーブレイクを楽しんだ後は、カフルイ空港で車を返しました。
走行距離は417マイル、667.2キロでした。
今回はあんまり走らなかったな。
ハレアカラとハナ以外は、近所のスーパー行くぐらいでしたからね。

ところで、ハワイアン航空の飛行機には、一機一機に名前がついています。
IMAG1091.jpg
ちょっと遠くて見え難いのですが、運転席の下、ボーイングのロゴの上に名前が書いてあります。
IMAG1092.jpg
幌で一部隠れていますが、'Apapane と書かれています。
アパパネは貴重なハワイ固有のミツスイの一種。
競馬好きな人なら、三冠牝馬の方を思い浮かべるかもしれませんが、その牝馬ちゃんの名前の由来となったハワイの鳥です。

アパパネはこんな鳥です。
apapane.jpg写真お借りしてます。
ねもはハワイ島で見ることができました。
アパパネはオヒア・レフアのレフアの花の蜜が大好き。
オヒアの森の中で、特徴ある鳴き声で鳴くので比較的見つけやすいです。
「小鳥」と言われてイメージする形のままの、小さな赤い鳥です。実にプリチーなのですよ~
人間のせいで、生息域が脅かされ、高地に行かないと見られなくなってしまいました。
昔のハワイの島々では、こんな可愛らしい小鳥達がその辺を飛び交っていたんですね。

さあ、アパパネの翼に乗って帰りましょう。
IMAG1093.jpg

この便には、ハワイアン航空の社員の皆さんが制服で客席に乗ってました。通勤なのかな?
IMAG1094.jpg

カフルイ~ホノルル間の景色。
IMAG1095.jpg
ムートンみたいな雲。もこもこ。
見るからに寝転べそうなのになあ。

IMAG1098.jpg
あっという間に着いて、ホノルル空港で乗り継ぎ。

行きと同じで、搭乗口でチェックインです。
1時間前から手続きするっていうからのんびりしてたら、1時間半前に構内放送で呼び出されてしまいました。
なんでなのかなあ。
ハワイアン航空とJAL、通しでチェックインしてくれないかなあ。

IMAG1099.jpg
帰りの機内食はいたって普通。
ねもはチキンカレーをチョイス。カレーはイマイチでした。


IMAG1100.jpg
大晦日の夜、羽田に到着。寒かったー。
家に帰ってNHKつけたら、サブちゃんが歌ってました(笑)

これにてマウイ島旅行はおしまい。
ハワイ3つめの島は、程よく都会的で、程よくネイチャーな、バランスのいいリゾートでした。
バランスいいだけに、突出したチャームポイントがないのかな。それでちょっと地味な印象なのかしら。
最近はハワイ島の方が人気があるようですが、のんびりゆっくりするならマウイ島もオススメです。
今回もコンドミニアムが当たりだったので、ねも家的には印象がよろしいです。
ただし、物価が高い!オアフ並み!
物価は、オアフ≧マウイ>ハワイ。
食のレベルがすごく高いわけではないので、期待していくとがっかりすることもあるかも。
やはり、お食事とお買い物はオアフが一番です。

あ、あと、メインランドのお客さんが多いから、英語イマイチなニホンジンには冷たいかもという噂を聞いていましたが、そんなことは全然ありませんでした。
確かに日本語は通じませんし、アメリカ的サービスはドライに感じることもあるかもしれません。
そうだ、マウイ島は他の島よりアメリカ的なのかもしれないですね。
でもスーパーでも現地ツアーでもレストランでも空港でも、他のお客さんよりも冷たくされるなんてことはありませんでしたよ。
忙しくても、客が並んでても、まず挨拶とちょっとした会話を欠かさないスタイル、ねもはすごく好きです


マウイ島に行ったなら、
ぜひ車を借りて、ハレアカラとハナに行ってくださいね!
add_text.jpg

printed_photo_201401281819511c4.jpg


さーて、次はどこへ行こうかな。
16:28 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013冬 マウイ島の旅15~イアオ渓谷へ

2014/02/01
◆12月30日◆
帰国日の朝です。
朝ごはん食べて、冷蔵庫の中をお片づけ。
ごみ捨てして、事務所にチェックアウトをお知らせしに行きます。
IMAG1061.jpg
新興住宅地のようですね。
ねも達はオーナーさんから直接借りているので、鍵をオーナーさんの指定の場所に置いて部屋を出るだけです。
事務所のカウンターには、今日のチェックアウトのお部屋のリストが置いてあるので、そこにサインします。
マウイ・カマオレの施設全体の管理上、チェックしてるようです。

IMAG1063.jpg
一週間過ごした快適なお部屋ともお別れです。
IMAG1060.jpg
ああ、楽しかったなあ。束の間の別荘生活。
ビルディングタイプじゃないマウイ・カマオレは、まるで住んでいるかのようで、リラックスして楽しめました。
またマウイに来ることがあったら、またここに泊まりたいな。

快晴のキヘイを後にして、我々が向かったのは…、


なんと雨がそぼ降るイアオ渓谷!
IMAG1069.jpg

まだ行っていない西マウイのリゾート地、カパルアやカアナパリに行ってみようかとも思ったんですが、イアオ渓谷は空港にも近いし、プチネイチャー志向で攻めてみました。

IMAG1064.jpg
雨だよーーー
写真の上の方が青いのは、窓ガラスの色でございます。

イアオ渓谷は、カフルイ空港から約8マイル。ガイドブックには所要15分とありますが、ワイルクの町中を抜けるのでもうちょっとかかるかも。
プウ・ククイ山の断崖に囲まれた渓谷です。
キヘイからカフルイ方面、ラハイナ方面に向かう時に近づいていく山塊ですが、近くに寄っていくと異容に圧倒されます。
山にはいつも雲がかかっていて、その雲が谷に流れ込んでいたりして、神秘的に見えます。

P1000415.jpg
ハナからの帰りに撮ったもの。この日は晴れてたのかも。

さて、本日は雨の中のイアオ渓谷です。
しばらく車の中で逡巡してましたが、雨が小降りになったのを見計らって、展望台に向かいました。
IMAG1068.jpg
公園内はよく整備されていますが、階段はただのコンクリートなので、泥で滑りやすくなってました。
ビーサンは要注意です(ねもです。)

これがクカエモク、通称イアオ・ニードル。
IMAG1073.jpg
意外とあっさり対面できます。
駐車場から見えるくらいですからね。

イアオ渓谷近辺は、ハワイでも2番目に雨が多い地域だそう。
霧や雲でイアオ・ニードルが見えないこともあるんだそうです。
ここは、王や酋長の遺骨を隠した神聖な場所です。ハワイ島のワイピオバレーのような場所なのかな。
また、カフルイ湾から上陸したカメハメハ軍がマウイ軍を追い詰めた場所でもあります。
イアオ川が真っ赤に染まるほどの壮絶な戦いだったとか。お、恐ろしい…

IMAG1072.jpg
写真では白くなってしまってますが、山の向こうには海が見えます。カメハメハはあそこから上陸してきたのかしら。

ねもはスピリチュアル系に鈍感なので、ここがパワースポットっぽいとか、そういうことはまったく分かりませんでしたが、とにかく空気が気持ちよくて、何度も深呼吸したくなるところでした。
東京で汚れた鼻の穴や喉や肺がキレイになるみたい。
雨と緑のおかげですね。きっと。
お手軽に来られるところに、こんな気持ちいい場所があるなんて、マウイは奥深いんだなあ。
ただ、午後遅くなると訪れる人も激減するそうです。午前中の観光をオススメします。

ワイルクまで降りてきたら、お天気は回復。
マウイ郡庁のあるワイルクは、ガイドブックには静かな町と紹介されていましたが、意外と活気がありましたよ。
美味しそうなレストランやカフェ、スーパーや雑貨店があって、生活する町という感じでした。

ワイルクの住宅街にあるのが、大人気のこのお店。
IMAG1086.jpg
Sam Sato'sさんです。
本当に普通の住宅街にあります。
IMAG1087.jpg
右側がお店です。
ガイドブックには超穴場レストランて書いてあるけど、ガイドブックに載った時点で穴場じゃないよね(笑)
というわけで、行列しております。
テイクアウトの窓口の横に置いてあるノートに自分で名前を書くか、ご案内のお姉さんに書いてもらうかして待ちます。

アメリカンレトロな雰囲気あるエントランス。
IMAG1078.jpg
左がテイクアウトの窓口です。

少々待ちましたが、窓側のいい席に案内してもらえました。
IMAG1080.jpg

店内はこんな感じ。懐かしい食堂スタイル。
IMAG1081.jpg
駐車場は広いですが、店内はあんまり広くないので待つんですね。

こちらがメニュー。
IMAG1079.jpg
キヘイやラハイナに比べると、安い!

このお店の名物は、スープのないそば ドライヌードルです。
お客さん、皆頼んでます。
IMAG1083.jpg
手前がドライヌードル スモールサイズ、スープがついてきます。奥はOttoのハンバーグステーキ。
ドライヌードルは横のスープにつけて、つけ麺みたいに食べるのがロコ風なんだそう。
うーん、ドライヌードルは油ラーメンみたいな感じかなあ。
麺にしっかり味がついていて、ねもは半分ぐらいまでは美味しく食べられましたが、途中で飽きちゃいました。
Ottoの懐かし味のハンバーグの方が良かったな。

ねもはこっちの方が好みでした。
IMAG1085.jpg
ターン・オーバー ココナッツ味。
素朴な包み系のパイです。パイ生地がわりとしっかりしていて、ねも好み。ココナッツキャンディが好きな人なら好きなんじゃないかなあ。

さて、空港に向かいますか。
23:27 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)

2013冬 マウイ島の旅14~カマオレ・ビーチでどっぷり。

2014/01/28
◆12月29日◆
おはようございます。
さすがに今日はゆっくり起床いたしました。
マウイに泊まれるのは今日まで。明日には帰国便に乗ります。
今日も一日満喫するぞー!

まずはゆっくり朝食。
IMAG1043.jpg
激うまセーフウェイのごまパン、毎朝作って飲んでたパパイヤスムージー。ハワイはパパイヤ美味しくて安くて羨ましい。
ねも家の朝には欠かせないヨーグルトは、毎日いろんなのを試してました。
・・・アタリはなかったな・・・

どうやらこちらではグリークヨーグルトが流行っているらしく、スーパーには低脂肪やら脂肪ゼロのグリークヨーグルトばっかり。これが美味しくないんだなー。
本家ギリシャで食べるヨーグルトはめっちゃうまいのですよ。ふわっふわで、酸味が控えめで、舌触りが生クリームみたいなのよね。でもヨーグルトだから軽くて爽やかなのですよ。
日本で売ってるのもそうなんですが、グリークヨーグルトのものでイケてるものに出合ったことがありません。酸っぱかったり、味気なかったり。何故なのかしら。

どこに行こうかと考えましたが、やっぱりカマオレ・ビーチ・パークⅢにパーキング。
今日は一日たっぷりキヘイにいよう!

IMAG1044.jpg
セッティングも完了。
今日も風が強いので、パラソルはお休み。
風はあるけどなんたってお天気がいいので暑い

早速シュノーケル!
カマオレⅡとⅢの間の岩場が面白いと聞いて、少々波が強いのですがチャレンジしてみました。

IMGP1929.jpg
相変わらず写真がイマイチで申し訳ない。
結構波が強かったので、砂が巻き上がったりしてぼんやりしてますが、地味なりにサンゴが発達していて、お魚もたくさんいました!
IMGP1928.jpg
でも、サンゴが近いの、分かりますよね。
ここはかなり沖の方までサンゴが連なっていて、見ていてとても楽しかったです。
ただし、浅くなってくると岩にぶつかりそうになるので波に注意です。ねものウェットスーツは大げさかもしれませんが、安心感ありますよ~。

これはOttoという生き物です(爆)
IMGP1930.jpg
この程度の透明度にしか写らないんですよね。
目で見た感じは、もうちょっと明るいんだけどなあ。

カマオレⅢには、ウミガメポイントがあるそうですよ。
なんだー、遠くまで行くことなかったなぁ。
もうちょっと海のコンディションが良ければポイントまで泳いでみたかったな。

体が冷え冷えになるまで遊んで、日光浴。
カマオレⅢは不思議と、駐車場のある芝生エリアよりも、ビーチの方が風が弱いです。
それでも時折強い風が吹いて、ビーチパラソルがすっぽぬけて飛んでいっちゃうことも。危ない危ない。

泳いだらお腹が空きます。
ということで、サウスキヘイロードを少々歩いて(暑いよう
IMAG1045.jpg

レインボーモール内にあるこちらへ。
IMAG1048.jpg
Da Kitchenさんです。
美味しいというよりボリュームで人気のプレートランチ屋さんです。
店内にイートインスペースあり。
ちょうどお昼だったので、かなり賑わってましたよ。
IMAG1046.jpg
カウンターで注文。明るいおねいさん達が、超テキパキとオーダー受けてくれます。

熱々を食べたかったので、目の前のカマオレⅡビーチのピクニックテーブルでいただきまーす!
IMAG1051.jpg
こちらがねもが頼んだベントー。ホワイトボードメニューからチョイスしました。
すげー体育会系。
ご自慢のチキン・カツ、フライド・スパム、テリヤキ・ビーフの3コンボ。肉肉しいわ。
味は意外と美味しかったです。もっと脂っこいかと思った。
けど、これはやり過ぎ。10代のヤング向け(死語)だよ。
フライド・スパムはイケないジャンク味。ビーフはテリヤキというよりスキヤキに近い味かな。
ご飯は上手に炊けてました。

Ottoはダ・キッチンバーガー(だったと思われる)
IMAG1050.jpg
バンズ、肉、レタス一枚、マカロニサラダ、以上!
見た目イマイチですが、少々焼き過ぎの感のあるお肉が意外と美味しかったらしい。赤身寄りでお肉らしいパティだったそうです。

Ottoに助けてもらったけど、ねもは完食出来ず。
もう若くないんだから、無理なチャレンジをしてはいけないわ。
と言いつつ、つい地元人気のお店にはチャレンジしたくなるのよね…。

カマオレⅢのライフガードの監視小屋。
IMAG1052.jpg
Tシャツやラッシュガードが柵に干してあって、のどかです。

日差しが強いうちに海からあがって、シャワー浴びて、今夜の食材を仕入れにスーパーへ。
こういう生活も今日が最後かぁ。

チャーリー・ヤング・ビーチのあたりで、夕日鑑賞タイム。
IMAG1056.jpg
日が落ちてもずーっとボール遊びしていた家族。もう水冷たいよ??

ラストディナーは、ハンバーグ!
(そう言えば、Ottoは昼もハンバーガーでした
IMAG1057.jpg
在庫一掃メニューのサラダ、パスタとイタリアンウィンナー。
ねも家のハンバーグは、つなぎ一切無し。ひき肉をあまり練らずに俵型にまとめて、塩コショウを振るだけ。
オリジナルレシピは生食用牛肉を使います。なので、ミディアムレアぐらいで食べるみたい。
豚肉で作っても美味しいです。豚ちゃんの場合は、ちゃんと火を通してね。
ちょっといいめのお肉が手に入ったら是非是非。粒マスタード添えても美味です。何より簡単だし。

ラストディナーなので、スパークリングワインを開け、ルームウェアでうだうだと旅の話などしつつ、ゆっくりディナーを楽しみました。
これはレストランではできないですからね~。
今回、ほぼ毎晩ご飯作ってたし、お昼もテイクアウトものばかりで、レストランらしいレストランに行きませんでした。
美味しいお店いっぱいのオアフ以外のハワイは、これでいいような気がするな。
今度はどこでコンドミニアム生活しようかな~。

いよいよ明日は帰国。
午後3時の便だから、午前中いっぱいは遊べます。
さーて、どこへ行こうかなー
23:28 2013冬 マウイ島 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。